押さえておきたい転職ノウハウ

退社までの流れ

ここがポイント!

  • 必ず、直属の上司最初に伝えること!ここを間違うとこじれることが多いので、要注意。
  • 退職理由で、現職への不満を伝えるのはNG!前向きに、シンプルに伝えよう。
  • 退職日、引継ぎ日程などはよく上司と話し合って決める。円満退職を心がけよう。
  • 退職後の手続きは速やかに!特に年金や保険の切り替えが発生する方は、事前にスケジュール等の確認を。

退社まで、退社後にやることの流れ

1.直属の上司へ退職の意思を伝える。

  • 基本は退社の2ヶ月前に。ただし繁忙期が重なるようであれば、少し早めに伝えること。
  • メール等で伝えるのはNG。口頭で、顔を合わせて意思を伝えること。
  • 直属の上司よりも先に他の人へ漏らすのはNG。円満退職のためにも、直属の上司に最初に情報が入るようにしよう。
  • 退職理由は、現状の不満にしないほうがベター。「個人的な事情」とし、円満退職を心がけよう。
退社の2ヶ月前

2.退職日を決め、退職願いを提出する。

  • 退職日は、一方的に決めるのではなく、よく上司と話し合って決める。

    ※法律では退職意思を伝えて2週間後に雇用関係を解消することが出来ますが、円満退職のためには双方で話し合って決めることが大切です。

  • 業務の引継ぎに無理のない日程を組み、円満退職を心がける。1ヶ月間くらいの余裕を見るのが一般的。
  • 退職届は一般的な形式でOK。詳細な転職理由や転職先まで書く必要はない。提出先は直属の上司。
退社の1ヶ月前

3.後任者への引継ぎ、お世話になった方への挨拶。 

  • 自分への評価は、辞めたあとで決まる、というつもりで、しっかりと引継ぎをしよう。
  • 最初にスケジュールを組む。退職の3日前くらいには引継ぎが終了するよう、余裕を持って組むのがポイント。
  • 次に資料作成。職務内容、これまでの進捗状況、取引先リストなどをひと通り整理。
    顧客の性格や決済ルートなども整理しておくと、なお喜ばれるでしょう。
  • 取引先への挨拶回りは、今後の会社の戦略とも関わるので、上司と相談の上行うとよいでしょう。
  • 後任者、直属の上司には、何かあったときのために自分の連絡先を伝えておくことも忘れずに。
退職までの期間

4.デスクの片付け、社員証等の返還。

  • 終業時間が近づいたら、パソコン内のデータを整理し、私物をすべてまとめる
  • 健康保険被保険者証社員証・社章通勤定期制服・名刺・備品類を会社へ返却。
  • 会社からは、離職票雇用保険被保険者証源泉徴収票年金手帳を受け取る。※当日は印鑑を持参
  • 最後に、社内でお世話になった方々にご挨拶。
退職当日

5.保険、年金、税金等の手続き。

  • 手続きのなかには「退職から14日以内」などの期限が定められているものも。早めに終わらせるよう心がけよう。
  • 転職まで間がある場合
    ア)健康保険・・・任意継続被保険者制度または国民健康保険の加入手続きを行う。
    イ)年金・・・・国民年金の加入手続きを行う。
  • 転職先が決まっていない場合・・ハローワークで失業給付等の手続きを行う。
  • 6~12月に退職する場合・・・税務署で住民税の支払い手続きを行う。
退職後すみやかに

こんな時はどうする?

Q. 上司に退職意思を伝えたら、「飲みに行って話そう」と誘われた。
お酒の席でうっかり引き止めを受け入れるような発言をしてしまい、後日退職意思をあらためて伝えても拒否された・・・という事例もあります。退職意思は、お酒の席ではなく、上司としっかり向き合って話しをする時間を確保すべきです。飲みに行くのは、退職意思を受け入れてもらってからでもよいのではないでしょうか。
Q. 上司が忙しそうで、なかなか切り出すタイミングがない。
上司が忙しい、あるいは出張がちであまり席にいないなどの場合は、通常より早めに転職意思を伝える準備をします(退職日の3ヶ月前くらいからタイミングを探す)。上司が忙しすぎるとき、機嫌がよくないときに切り出すのを避けるためにも、早め早めから準備を進めておきましょう。
Q. 上司の引き止めが強力。異動や昇給の話も出てきた。
引き止め時に上司の口から出た異動や昇給の話に関しては、後日になって「すまん、さんざん掛け合ったんだが、今回は難しいようだ」など、反故にされる可能性もあることを念頭に聞いておくべきです。もしあなたが退職の意思を固めているのであれば、「退職させていただきます。申し訳ございません」ときちんと伝えることが大切。「すでに転職先が決まっていて、入社承諾書も提出済み」と伝えるのもよいでしょう。
また、引き止めの理由が、退職スケジュールにある場合も多い(繁忙期で今辞められたら困る/春まで待ってほしい等)ので、上司の引き止めの背景に「時期の問題」がないかを確認してみることも打開策につながります。
最終的に引き止めに応じるか否かはご自身の判断になりますが、転職活動を始めた原点に立ち返り、慎重な判断をなさってください。