押さえておきたい転職ノウハウ

職務経歴書の書き方

ここがポイント!

  • 職務経歴書はワープロ・PC作成が基本!(履歴書のように手書きである必要はない)
  • 簡潔に、わかりやすく!だらだら長文はNG。箇条書きや表組などを用いて、できるだけわかりやすくまとめる。
  • A4縦で1~2枚が相場!長くなりすぎないよう注意。とはいえ、内容が薄すぎるものは意欲が少ないと思われる。バランスを意識。
  • 誤字脱字は入念にチェック!「文書作成の正確性」も実務能力の1つとして判断されると考えて。

職務経歴書の書き方

  1. 日付

    • ・提出日(発送または持参する日)の日付を書く。
    • ・記入忘れが多い項目なので最後に書く場合は要注意。
    • ・西暦で書く場合は、職務経歴書全体を西暦で統一すること。
  2. 氏名・連絡先

    • ・氏名は少しだけ文字サイズを大きくして、目立たせる。
    • ・年齢やメールアドレスなどを併記してもよい。
  3. 職務要約

    • ・どんな経験を積んできたのかを簡潔にまとめる。
    • ・応募先企業が求める経験があればそれを中心に書く。
    • ・長文よりも、箇条書きのほうが喜ばれる。
    • ・実績や表彰暦などを、ここに盛り込むのも効果的。
    • ・経験が浅い場合や、未経験からのチャレンジの場合、
      「志望動機」を一番最初に持ってくる書き方もある。
  4. 職務経歴

    • ・職務の詳細を記述。表組、箇条書きなどを用いて、読みやすく、わかりやすい構成にまとめるとベター。
    • ・職種ごとに、伝えるべき項目を考え、採用担当者が経験の程度を判断できるよう工夫する。
      例)営業・・・売上実績、目標達成度、顧客数など
      例)SE・・・プロジェクト規模、開発環境、言語など
    • ・特筆すべき業績、表彰歴等がある場合はできるだけ記入する。表やグラフを用いてわかりやすくPRするのも効果的。
    • ※基本的には時系列で古いものを上に並べるが、経歴が多く長い場合や外資系企業への応募の場合は、最新のものから上に並べるのが一般的。
  5. 保有資格

    • ・履歴書と同様に、正式名称で記入。
    • ・応募先企業に対して、PRになると思われる資格等は積極的に書いておく。(取得に向け勉強中のものも含めて)
  6. 自己PR

    • ・職務経歴欄では表現しきれない「代表的な業績」、「自分自身の考え方」や「会社や組織への貢献」などを記入。
    • ・「個人的な趣味」や「意気込み」は、自己PRとしては評価されないケースも多いので注意してください。
      ×:週に2回、ダンスに通っています。
      ×:頑張りますので宜しくお願いします!
  7. 志望動機

    • ・「今回の転職理由」と「(その会社への)応募理由」を記入。できる限り「自分の言葉」で、意欲や熱意を伝えてください。
    • ・転職理由は前向きな表現になるよう気をつけて。
      ○:よりXXXのような仕事をやっていきたい・・・
      ×:今の会社ではXXXXができず・・・

職務経歴書の書き方

こんな時はどう書く?

Q. アピールできる経験が少ない/未経験からのチャレンジ。
最初に「志望動機」を持ってきて、今回の仕事に挑戦したい理由、その会社を志望する理由を、具体的に書きます。このさい、独学で学んできた技術・知識、今までの経験のうち今回の仕事でも生かせそうなものについても言及すると、なお効果的です。最終的に、採用担当者から見て、「この人は一度会ってみたいな」と思われる職務経歴書を意識して全体を構成しましょう。
Q. 英文履歴書、英文の職務経歴書は、どんなときに必要?
仮に求人票に「英文履歴書も必要」と書かれていない場合でも、英語を使う仕事の場合や、外資系企業に応募する場合は、英文のものも作成しておいたほうが無難です。いつ提出を求められてもいいよう、事前に準備しておきましょう。
Q. 経験社数やプロジェクト数が多すぎて、経歴書が長くなってしまう。
経験豊富な方、派遣等で職場を多く経験してきた方の場合、経歴欄が長くなってしまいがちですが、最終的にA4縦に2枚(多くても3枚)に収まるよう構成してみましょう。具体的には「“○○業務”などの形でまとめ、そのなかに経験した会社を書いていく」、「代表的な会社や仕事、プロジェクトを抜粋し、あとは“ほか○件”でまとめる」、「マネジメント経験と実務経験で切り分けて、いずれに重点を置いて書く」などの方法が有効です。最終的に、経歴書をひと目みて、「この人は○○○○ができる人だなあ」と思える仕上がりを目指してみてください。